カテゴリーを抽出して表示する

WordPress関連の記事

WordPressに関するTips記事です。

wp_list_categories();

登録済みのカテゴリーを抽出して表示するには、上記の関数を使用します。
この関数は、ループの外で使用でき、存在するカテゴリーの一覧を表示する事ができます。

例えばこのように使用します。

<?php
echo ' <ul>';
wp_list_categories(array(
'title_li' => '', // タイトル。この例では何も指定しない
'taxonomy' => 'working-cafe', // working-cafe というtaxonomyを指定
'child_of' => '7', // ID 7 の子カテゴリーのみ
'orderby' => 'name' , // カテゴリ名でソート
'order' => 'ASC' , // 昇順で並べる
'show_count' => 1)); //件数を表示する
echo '</ul>';
?>

この関数を使うと各項目は

<li></li>

を伴って出力されるため、上記の例では
外側に

<ul></ul>

を加えてあげています。
サイドバーに独自のリストナビゲーションを作りたい時などに活用できるでしょう。