デザイナーはアプリ開発の夢を見るか?【Ionicについて】

夢を見る

この記事は執筆当時のバージョン v3.19.1 の内容で、現在は仕様が変更されている可能性があります。
2019年5月に、Ionic は v4.4.0 ( コードネーム : Beryllium ) が発表されています。
https://blog.ionicframework.com/ionic-release-4-4-0-beryllium/

今後の Ionic の更新状況にあわせ、随時情報を収集予定です。

みなさんは Ionic についてご存知でしょうか?

Ionicとは、iOS/Androidハイブリッドアプリ開発用の、オープンソースのフレームワークの事です。
html5、Sass、AngularJS、Apache Cordova によって構成されています。

上に書いた通り、見た目の部分はhtml,cssで記述することができるので、
Webデザイナーのスキルセットでも充分にアプリ開発が可能です。

僕も今年に入ってから開発をはじめ、今ではiOS/Androidで正常に動作するアプリを
たった一人で制作することが出来るようになりました。

本日からは、このIonicに関する記事を、随時アップしていけたらと思います。

初回ということで、まずは下記に公式へのリンクを載せておきます。

[Ionic公式]
https://ionicframework.com/

[Ionic公式ドキュメント](APIやコンポーネント一覧が確認できます)
https://ionicframework.com/docs/

[コンポーネント一覧]
https://ionicframework.com/docs/components/
このように、コンポーネントもしっかり揃ってます。
実際に実装してみて、感動すら覚えるレベルの充実ぶりでした。

[API一覧]
https://ionicframework.com/docs/api/
ネイティブでできる事は大体できます。
こちらも感動しながら毎日ドキュメントを読んでます。

[歴史など]
https://en.wikipedia.org/wiki/Ionic_(mobile_app_framework)
このWikiが詳しいです。

本当に、Webデザイナー1人でもやる気さえあれば、アプリが作れます。
日本での普及はまだまだですが、海外では大手企業のアプリへの導入事例も多々あるようです。

ぜひ皆さんもIonicに触れてみてください!